アクセス&観光-ビジネス・観光に和歌山市でのご宿泊にはシティイン和歌山のご利用が大変便利です。

ホーム>>全国から人形が集まる、人形供養の淡島神社

全国から人形が集まる、人形供養の淡島神社


和歌山市加太にある淡島神社は人形供養や針供養で有名な神社で、全国から供養のための人形が集まっています。本殿には供養のために2万体以上のひな人形が所狭しと奉納されていて、神秘的な雰囲気を醸し出しています。


もともと淡島神社は、薬の神様とされる少彦名命(すくなひこなのみこと)を祀る神社で、婦人病や安産祈願など、女性のための神様として地元からも信仰を集めるパワースポットです。


【淡島神社の歴史】

本殿は天正13(1585)、豊臣秀吉の紀州征伐の際に全焼されたものを、浅野幸長によって再建されました。紀州徳川初代徳川頼宜が修復し、江戸時代末期にさらに増設されたものです。


神社には国宝級の神宝が奉納されており、古くから皇族や地元の有力武士などの厚い崇拝を受けていたことがわかります。


淡島神社が位置している場所は、昔から南海道を往来する船舶の要所に当たるので、建物の一部に木造船の部材が使われている個所があります。


【淡島神社の2大年中行事】

少彦名命は、裁縫を初めて伝えた神様と言われており、この淡島神社ではその年納められた針を供養する針祭(針供養)が毎年2月8日に行われます。この日前後は宝物殿を無料で公開したり、その他のイベント等が行われることもあるので問い合わせてみましょう。


3月3日正午からは、雛祭(雛流し)が行われます。淡島神社には長い時代を見つめてきた雛人形が数多く残っています。その多くは紀州徳川家から奉納されたものです。毎年3月3日朝早くから、日本全国から集まった女性たちでいっぱいになります。正午になると、雛流しの神事が始まります。女性たちは人形に願い事を書き、船にその人形をのせます。思いのこもった人形でいっぱいになった雛流しの人形は沖へと向かい、神の国へと揺られていくのです。


淡島神社へは南海電車「加太駅」下車、徒歩約15分です。3月3日の雛流しの日は混み合いますので、車での参拝は避けたほうが良いようです。

http://www.kada.jp/awashima/


最低価格保証

空室検索

ご宿泊予定日
ご宿泊予定数
検索
ご宿泊プラン一覧
キャンセル
無料会員登録

携帯からの予約

Wifi・インターネット

facebook

アクセス詳細

和歌山のウィークリーマンション

リクルート情報

このページのトップへ

- 和歌山市周辺観光情報 -

おしゃれなバーが点在する街、和歌山市 | コストパフォーマンス抜群!和歌山の地酒 | 桜の名所紀三井寺、境内から眺める和歌の浦 | 松下幸之助からあのイケメンまで!和歌山出身の有名人 | 新鮮な魚を買う・釣るならココ!黒潮市場と加太漁港 | 銭湯感覚で気軽に行ける、和歌山温泉 | 全国から人形が集まる、人形供養の淡島神社 | 日本一うまいラーメンに選ばれた!和歌山ラーメン | 梅干しだけじゃない!和歌山のおみやげ7選 | 暴れん坊将軍の故郷、和歌山城